Notice: Undefined index: HTTPS in /home/sites/heteml/users/3/9/9/39938676/web/yamagata_mobile/story/isigoe.html on line 30

Notice: Undefined index: HTTP_REFERER in /home/sites/heteml/users/3/9/9/39938676/web/yamagata_mobile/story/isigoe.html on line 35

『石肥三年』

  むがしむがし
  あるどごさ働ぎ者で、気持ぢのいい与太郎っていう若者いだっけど。
  いっつも朝がら晩まで「ありがたいありがたい」って言ってだったもんだがら、村の人ぁ[ありがた与太郎]て呼んでだったんだど。
  その与太郎が家の近ぐの野原さ新しい畑二十刈りばり起こしたんだど。
  ある日、その畑見さ行ったら、狐が三、四匹、藪の中さ逃げでったんだと。なんだべど思って、畑見だら、畑の中さ石いっぱい入ってだったんだど。
  与太郎は木の切り株さ腰掛げで、なじょしたらいがんべなぁ、って思案したっけんだど。
そしたら藪ん中がら、畑さ、あげに石入れらっちぇも、ありがたいありがたいって言ってられんべがなって話しったな聞こえで来たんだど。
  与太郎は思いついで、
「ああ、ありがたいありがたい、肥やしねぇ畑だど思って、誰が親切でこげにいっぺ石入っちぇけっちゃ。石も三年経づど小便たれるって言うげんど、こげにいっぺの石だったら、なんぼいい畑になっかわがんねなぁ。ああ、ありがたいありがたい」
と大声で、狐さ聞がせるように言ってがら家さ帰ったんだど。
  次の朝、与太郎、また畑さ行ってみだらば、きんなの石皆ねぐなって、石の代わりに山草どが落葉どが肥やしになるものいっぺ入ってだったけど。
  どーびんと。



やまがたinfoカテゴリ
山形弁の昔話
おすすめサイト
山形infoモバイルTOPへ


サイトについて
お問合せ


(C)やまがたinfo
やまがたinfo PC版はこちら